Rhino 7(for Windows, for Mac) 商用版をどこよりも安い低価格で販売することを目指します。

= 2次元CAD/3次元CAD専門店 =
どこよりも安い価格で販売できるように最大限努力します!
他店よりも1円でも高い場合はご連絡下さい。善処します!

商品の詳細ページ:Rhino 7 商用版

Rhino 7 商用版の商品概要

Rhinoceros(ライノセラス・通称ライノ)は、NURBSによる3次元モデリングツールです。Rhinocerosは、滑らかなNURBSカーブやサーフェスを利用することにより、アイデア・イメージを損なうことなく、直感的、表現力豊かな3次元モデルを具現化することができます。また「Rhinoceros」は、精度上の制約条件がありません。建築、航空機といった分野から医療機器といった精密機器分野までご利用いただけます。「 Rhinoceros」 のもう一つの特徴として豊富なデータフォーマットサポートがあります。DXF、DWGはもちろん、IGESやSTEPフォーマットもサポートしており、Rhinocerosを通してCATIA、CREO、NX、SolidWorks等のCADとのデータ交換が可能です。 製品デザインなど複雑な曲面の多い製品の3次元モデリングを行いたい方にお勧めのソフトです。


<< 前のページに戻る
<< Rhinoceros関連製品:価格一覧表


Rhino 7 関連商品の見積依頼

お見積書が必要な場合は、以下のボタンからお申し込みください。

Rhino 7 関連商品の注文

注文手続きは、以下のボタンから価格一覧表ページに移動して該当商品の注文のリンクをクリックしてください。

Rhino 7の新規搭載内容

※以下の記事はメーカーサイトからの抜粋です。 詳細はメーカーのホームページでご確認下さい。

Rhino 7は、ライノセラスの歴史の中で最も重要なアップグレードです。 有機的な形状を作成できる SubDツール 、RhinoやGrasshopperをRevit®のアドオンとして実行できる Rhino.Inside.Revit 、 NURBSジオメトリやメッシュから整った四角メッシュを作成できる堅牢な QuadRemesh アルゴリズムを新規に搭載し、 まったく新しいモデリングワークフローを実現されました。また、多くの既存の機能に改良が加わりました。


SubD

有機的な形状を素早く探索する必要があるデザイナーにとって、SubDは、編集可能で高精度な形状を作成できる新しいジオメトリタイプです。 他のジオメトリタイプとは異なり、SubDは迅速な編集とフリーフォームの精度を兼ねています。

Rhino.Inside.Revit

Rhino.Inside.Revitは、RhinoとGrasshopperの力をAutodesk Revit®の環境に統合します。

QuadRemesh

既存のサーフェス、ソリッド、メッシュ、またはSubDから素早く四角メッシュを作成します。レンダリング、アニメーション、CFD、FEA、リバースエンジニアリングに最適です。

プレゼンテーション

Rhino 7では、Rhinoのレンダリングエンジンを大幅にアップデートしてワークフローを合理化することでプレゼンテーションツールを改良しました。それにより、レイトレースビューポートで得られる外観を変更をまったく行う必要なくレンダリングできるようになりました。また、PBRマテリアルのサポート、LayerBookコマンドなどを追加しました。

Rhinoをより便利に

Rhino 7では、数多くのバグを修正しました。また、名前の付いた選択セット、金型作成ツール、刻印用のシングルラインフォントなどのワークフローの改善、サードパーティのファイル形式との相互運用性の向上なども行いました。

表示

最新のグラフィックスハードウェアにに対応できるように私共は常にRhinoの表示パイプラインを改良しています。Rhino 7では、WindowsとMacの両方でいくつかのモデルで表示が大幅に高速化されます。また、表示モードにもいくつかの改良を加えました。驚いていただけると思います。

ドキュメンテーション

モデリングはデザインプロセスの単なる一部であり、モデルをどのようにして作成するのかを示すことも必要です。Rhino 7では、ドキュメンテーションのワークフローに多くの改良を加えました。透明やグラデーションのハッチングのようにグラフィカルな機能を強化したイラストレーションツールの搭載も行いました。

Grasshopper

ここ最近、Grasshopperをいろいろな場所でお使いいただいているケースを見ます。(他のアプリケーションでもお馴染みのキャンバスを見かけることがあるかもしれません)。Rhino 7では、いくつかの新しいコンポーネントを追加しました。また、プログラムをプラグインにするのを簡単にすることを可能にしました。

開発プラットフォーム

Rhino 7では、 APIの改良 、 ドキュメンテーションの改善 、そして ジオメトリ開発のプラットフォーム の基盤を広げる新たな機能など、 無償のSDK に大幅な改良を加えました。

Rhino 商用版の主な機能

  • 11次までのNURBSによる3次元カーブの作成
  • 曲線の生成
    点、直線、ポリライン、円、円弧、四角形、多角形、Grasshopperの「Curve」コンポーネントによる曲線、スパイラル曲線、ヘリカル曲線、円錐曲線、通過点入力曲線、制御点入力曲線、トゥイーン 、フィレット/ブレンド/面取り/オフセット。
  • 曲線編集機能
    制御点の移動、ウエイト編集による局所変形、面取り、次数変更、トリム、分割、延長、ノットの追加・削除、マッチング、フェアリング。
  • サーフェスの生成
    平面曲線、ロフト、矩形平面、押出し、回転、ブレンド、スイープ(1レール、2レール)、曲線ネットワークからの生成、イメージデータの色値から生成、フィレット/面取り、ブレンド、オフセット、点群から生成、可変フィレット/ブレンド/面取り/オフセット。
  • サーフェス編集機能
    制御点の移動、ウエイト編集による局所変形、ノットの追加・削除、サーフェスの制御点の再定義(UV方向)によるリビルド、サーフェス間の連続制御、次数変更、サーフェスの伸長、 結合、トリム、オフセット、トリムサーフェスのトリム解除サーフェスの展開。
  • ソリッドの生成
    プリミティブ・ソリッド(球、楕円体、直方体、円錐、円錐台、トーラス、パイプ)、曲線・サーフェスからの押出し、ボス、リブ。
  • ソリッドの編集
    ブーリアン演算(和、差、積)、シェル。
  • オブジェクトの変形操作
    2D・3Dスケール、回転、ミラー、テーパ、シア変形、オブジェクトの投影、曲線沿い変形、配列コピー、ツイスト、べンド。
  • モデリング支援機能
    オブジェクト・グリッドスナップ、直交モード、ヒストリー、スマート トラック、ユニバーサル作業平面、ガムボール、クリッピング面。
  • メッシュの生成
    平面サーフェス、直方体、円柱、円錐、球体、NURBSオブジェクトから生成、イメージデータの色値から生成、サーフェス制御点から生成。
  • メッシュの編集
    ポリゴン・リダクション機能、面方向の反転、頂点の融合、メッシュ修復ウィザード。
  • 解析ツール
    点、長さ、距離、角度、半径、バウンディングボックス、法線方向、面積、面積重心、面積モーメント、体積、体積重心、体積モーメント、流体静力学情報 、サーフェス曲率、幾何学連続性、偏差、一番近い点 、曲線およびサーフェス上の曲率グラフ、オープンエッジ、作業サーフェス解析ビューポートモード(ドラフト角度、ゼブラ縞、サーフェス色ブレンドを用いた環境マップ、エッジを表示、オープンエッジを表示、ガウス曲率平均曲率、曲率の最小または最大半径)。
  • 2D機能
    2Dイメージの生成、寸法表記・編集、注釈表記・編集、ハッチング、ページレイアウト。
  • 入出力フォーマット
    【入力】3D Studio,AMF,Adobe Illustrator,AutoCAD(dxf, dwg),DirectX,E57,Embroidery,Encapsulated PostScript,Geomview OFF,GHS Geometry,GTS,IGES,Lightwave,Microstation,MotionBuilder,NextEngine Scan,OBJ,PDF,PLY,Points(asc, csv, txt…),Raw Triangles,Recon M,Scalable Vector Graphics,SketchUp,SLC,SOLIDWORKS,STEP,STL,VDA,VRML,WAMIT,Zcorp
    【出力】3D Studio,AMF,ACIS,Adobe Illustrator,AutoCAD(dxf, dwg),COLLADA,Cult3D,DirectX,Enhanced Metafile,GHS Geometry,GHS Part Maker,Google Earth,GTS,IGES,Lightwave,Moray UDO,MotionBuilder,OBJ,CSV,Parasolid,PDF,PLY,Points(txt),Raw Triangles,RenderMan,Scalable Vector Graphics,SketchUp,SLC,STEP,STL,VDA,VRML,WAMIT,Windows Medtfile,X3D,XAML,XGL,Zcorp
  • 画像入出力フォーマット
    BMP,Targa,JPEG,PCX,PNG,Tiff
  • Grasshopper
    高DPI表示サポート、既存のコンポーネントと互換性、新コンポーネントの追加(Make2D、Symbol Display、Bend、Flow、Maelstrom、Splop、Splorph、Stretch、Taper、Twist、Fillet Edge)、物理エンジンKangaroo、マルチスレッド、GhPython

Rhino 7 の動作環境

Windows版Rhino 7 Mac版Rhino 7
<ハードウェア>
・64ビットのIntelまたはAMDプロセッサ(ARMはサポートしていません。)
・63より多いCPUコアは対応外
・8GBのメモリ(RAM)またはそれ以上を推奨
・600MBのディスク空き容量
・OpenGL 4.1対応のグラフィックスボードを推奨
・4GBのVRAMを推奨
・スクロールホイールのある複数ボタンのマウスを推奨
・SpaceNavigator はオプショナル
・Appleのハードウェアは、Bootcampでサポート

<Windows対応OS>
・Windows 10または8.1

<対応していないもの>
・Windows 8およびそれ以前のもの
・Windows Server (すべてのバージョン)
・VMWareやParallelsなどのmacOS上の仮想化システム
・Linux
・ARMプロセッサ
<ハードウェア>
・Intel Apple Mac
・8GBのメモリ(RAM)またはそれ以上を推奨
・AMDのグラフィックスプロセッサを推奨
・5 GBのディスク空き容量
・スクロールホイールのある複数ボタンのマウスを推奨
・SpaceNavigator および SpaceMouse Wireless はオプショナル

<macOS対応OS>
・macOS 10.15.7 (Catalina)
・macOS 10.14.6 (Mojave)

<対応していないもの>
・Apple Silicon Mac
・macOS 10.13.6 (High Sierra)またはそれ以前のもの
・デジタイザ (Faro、Microscribe)
メーカーサイトでもご確認ください。

Rhino 関連商品の商品内容

現在DVD版は存在しません。納品は全てメール納品となります。商品のライセンス情報、ダウンロード先などの使用に必要な全ての情報は、メーカーあるいは当店からメールにて送信されます。


Rhino 関連商品のサポート

サポートは、メーカーの「株式会社アプリクラフト」が対応しております。 サポート内容の詳細はこちらをご覧ください。







<< 前のページに戻る

おすすめ商品

ドラフティングキャド

格安のお手軽2次元CADです。

↑ PAGE TOP