V-Ray for 3ds Maxをどこよりも安い低価格で販売できるよう最大限努力します。

= 2次元CAD/3次元CAD専門店 =
CADの購入は、安い・早い・安心・丁寧なCAD SHOPで!
どこよりも安い価格で販売できるように最大限努力します!

V-Ray for 3ds Maxを安い価格で販売中!


V-Ray for 3ds Max(ヴイ・レー・フォー・スリー・ディーエス・マックス)は、 アカデミー賞を受賞し、業界で数多くの実績を持つレイトレーシングによるレンダリングソフトウェアです。大規模なジオメトリと多数のライトのあるシーンから、シンプルな建物または シンプルなインテリアシーンまであらゆるタイプのプロジェクトを処理する能力で広く知られています。 V-Rayは世界中の建築ビジュアリゼーション系企業と多数の映画で使用されています。 なお、本ソフトは、3ds Max用のプラグインソフトのため別途3ds Maxが必要になります。


<< 前のページに戻る
<< V-Ray 関連商品のトップページ
<< V-Ray for Rhino 関連製品:価格一覧表
<< V-Ray for SketchUp 関連製品:価格一覧表
<< V-Ray for Revit 関連製品:価格一覧表
<< V-Ray for 3DS Max 関連製品:価格一覧表
<< V-Ray for Maya 関連製品:価格一覧表


商品一覧:V-Ray for 3ds Max 関連製品

・納期目安:入金確認後、約1週間。※メーカー直送品、メール納品
・ご注文の際は、申請書の提出が必要になります。※ご注文時にご案内いたします。
・体験版のダウンロードはメーカーサイトの右上にある「トライアル」のリンクからお申し込みください。
商品名 定価
(税別)
販売価格
(税別)
販売価格
(税込)
見積
注文
商品概要
V-Ray 5 for 3ds Max Workstation オンラインライセンス
\138,000
\136,000
\149,600
V-Ray 5 for 3ds Max Workstationの永久ライセンスです。 ソフトの使用中はインターネットへの常時接続が必要となります。
V-Ray 5 for 3ds Max Workstation レンタルライセンス(1ヶ月) オンラインライセンス
\9,400
\9,200
\10,120
V-Ray 5 for 3ds Max Workstationの1カ月のレンタルライセンスです。 ソフトの使用中はインターネットへの常時接続が必要となります。
V-Ray 5 for 3ds Max Workstation レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス
\55,000
\54,000
\59,400
V-Ray 5 for 3ds Max Workstationの1年のレンタルライセンスです。 ソフトの使用中はインターネットへの常時接続が必要となります。
V-Ray 5 for 3ds Max Workstation アップグレード オンラインライセンス
\69,000
\68,000
\74,800
本商品を購入すると、 V-Ray for 3ds Max Workstationの旧バージョンからV-Ray 5 for 3ds Max Workstationにアップグレードできます。
その他のV-Ray製品
-
-
-
本リストにない製品については見積依頼からお問い合わせください。

※送料、手数料は無料です。


<< 前のページに戻る


商品説明:V-Ray for 3ds Max

V-Ray for 3ds Maxの主な特徴

  • V-Ray for 3ds Maxの主な特徴 その1:アカデミー受賞歴のある、レンダリング技術
    CPUとGPUハードウェアを最大限に活用しながら、超高速のインタラクティブで非常に複雑なプロダクションレンダリングを操作するパワーを提供します。
  • V-Ray for 3ds Maxの主な特徴 その2:最も過酷なシーンを処理出来る様に構築されています
    非常に複雑なシーンで作業しているとき、それをこなせるレンダラーが必要です。何十億ものポリゴン、数千のライト、V-Rayはそれをすべて処理できます。 V-Rayはあらゆるものをレンダリングします。アダプティブライト、プロキシオブジェクト、分散レンダリング、必要なときに実績のある機能の武器が必要です。
  • V-Ray for 3ds Maxの主な特徴 その3:レンダリング後処理に別のツールを必要としません
    ライティング、シェーディング、レンダリングツールの完全なセットを備えており、それは全て3ds Maxに統合されています。ライトミキシングとレイヤー合成機能を備え、再設計されたV-Rayフレームバッファーにより、1つのツールを使用するだけで、レンダリングだけでなく、異なるアプリ間を行き来する必要がなくなります。
  • V-Ray for 3ds Maxの主な特徴 その4:他のソフトウェアとシームレスに連携
    V-Rayは、最も人気のある殆どの3ds Maxプラグイン(Substance、Forest Pack、Railclone、Ornatrix、Tyflow、Phoenix FDなど)と互換性があります。 V-Rayはまた、Alembic、OSL、OpenColorIO、そして今ではACEScgなどのオープンスタンダードをサポートするあらゆるパイプラインに最適です。

※さらに詳細な説明は、メーカーサイトでご確認ください。

V-Ray for 3ds Maxの動作環境

V-Ray for 3dsMaxの動作は3dsMax本体の動作環境に準じます。
・CPU:Intel 64bit 互換プロセッサ (SSE4.2サポート必須)
・Windows:8.1/10
・3dsMax:2016-2022
・RAM:8GB 推奨16GB以上
・CHAOSライセンスサーバー:5.5.0以上
・V-Ray GPU(NVIDIA CUDA)を使用するには Maxwell-, Pascal-, Volta-, Turing- 世代のNVIDIA社GPUと合わせてドライバーバージョン 442.54 以降が必要です。
・V-Ray GPU の RTX アクセラレーションを利用するには、NVIDIA社の RTXサポートGPUと合わせてドライバーバージョン 442.54 以降が必要です。
・V-Ray プロダクションデノイザー: OpenCL 1.2をサポートするAMD もしくは NVIDIA GPU
・NVIDIA AI デノイザー: Maxwell, Pascal, Volta, Turing 世代 NVIDIA社GPU + ドライバー 441.28 以降
こちらの販売メーカーのサイトでも動作環境をご確認ください。


V-Ray for 3ds Maxのサポート

V-Rayのサポートは、メーカー対応となります。 ユーザー専用サイトにてオンライン日本語ドキュメントが提供されます。






<< 前のページに戻る

PR

CAD関連の取扱商品

↑ PAGE TOP