V-Ray for Mayaをどこよりも安い低価格で販売できるよう最大限努力します。

= 2次元CAD/3次元CAD専門店 =
CADの購入は、安い・早い・安心・丁寧なCAD SHOPで!
どこよりも安い価格で販売できるように最大限努力します!

V-Ray for Mayaを安い価格で販売中!


V-Ray for Mayaは、 V-Ray for Maya は、3ds Max 版で多くのユーザに支持を受ける高品位レンダラーの Maya 対応バージョンです。GIレンダラー最高峰の品質と速度、高度なレンダリング機能を Maya に追加することができます。 なお、本ソフトは、Maya用のプラグインソフトのため別途Mayaが必要になります。


<< 前のページに戻る
<< V-Ray 関連商品のトップページ
<< V-Ray for Rhino 関連製品:価格一覧表
<< V-Ray for SketchUp 関連製品:価格一覧表
<< V-Ray for Revit 関連製品:価格一覧表
<< V-Ray for 3ds Max 関連製品:価格一覧表
<< V-Ray for Maya 関連製品:価格一覧表


商品一覧:V-Ray for Maya 関連製品

・納期目安:入金確認後、約1週間。※メーカー直送品、メール納品
・ご注文の際は、申請書の提出が必要になります。※ご注文時にご案内いたします。
・体験版のダウンロードはメーカーサイトの右上にある「トライアル」のリンクからお申し込みください。
商品名 定価
(税別)
販売価格
(税別)
販売価格
(税込)
見積
注文
商品概要
V-Ray 5 for Maya Workstation オンラインライセンス
\138,000
\136,000
\149,600
V-Ray 5 for Maya Workstationの永久ライセンスです。 ソフトの使用中はインターネットへの常時接続が必要となります。
V-Ray 5 for Maya Workstation レンタルライセンス(1ヶ月) オンラインライセンス
\9,400
\9,200
\10,120
V-Ray 5 for Maya Workstationの1カ月のレンタルライセンスです。 ソフトの使用中はインターネットへの常時接続が必要となります。
V-Ray 5 for Maya Workstation レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス
\55,000
\54,000
\59,400
V-Ray 5 for Maya Workstationの1年のレンタルライセンスです。 ソフトの使用中はインターネットへの常時接続が必要となります。
V-Ray 5 for Maya Workstation アップグレード オンラインライセンス
\69,000
\68,000
\74,800
本商品を購入すると、 V-Ray for Maya Workstationの旧バージョンからV-Ray 5 for Maya Workstationにアップグレードできます。
その他のV-Ray製品
-
-
-
本リストにない製品については見積依頼からお問い合わせください。

※送料、手数料は無料です。


<< 前のページに戻る


商品説明:V-Ray for Maya

V-Ray for Mayaの主な特徴

  • V-Ray for Mayaの主な特徴 その1:アニメーションとVFXの為の世界で最も完全なレンダリングソフトウェア
    高速で柔軟なレンダラーを必要とする3Dアーティストの為に、V-Ray Maya はスピードを重視して構築され 最前線のVFXプロダクション用に設計されています。
  • V-Ray for Mayaの主な特徴 その2:アカデミー受賞歴のある、レンダリング技術
    V-Rayには実績があります。10年以上にわたりV-Rayは300を超えるテレビシリーズや長編映画をレンダリングするために世界の主要なスタジオで使用されてきました。2017年にV-Rayのレイトレーシングテクノロジーは、VFX業界へのフォトリアリズム向上に貢献したとしてSci-Tech Academy Awardを受賞しました。
  • V-Ray for Mayaの主な特徴 その3:ハードウェア性能を使い切る強力なレンダリング
    複数のCPU、GPUまたはその両方を組み合わせてレンダリングをスケーリングでき、ハードウェアを最大限に活用します。CPU/GPUレンダリング共に分散レンダリング機能を使用して、単一の画像を複数のマシンで計算することもできます。
  • V-Ray for Mayaの主な特徴 その4:パイプラインにシームレスに組み込み可能
    V-Rayはスタジオパイプラインとシームレスに連携します。V-Ray 5では業界標準のACEScgをネイティブにサポートし、Alembic、OpenVDB、OpenColorIOなどの業界標準フォーマットにも対応しています。 Golaem、Massive、Ornatrix、Phoenix FD、Yetiなど、お気に入りのMayaプラグインとも互換性があります。
  • V-Ray for Mayaの主な特徴 その5:導入とカスタマイズが簡単
    V-Rayは、Windows、macOS、またはLinuxネットワークに簡単に導入できます。 Chaos Groupライセンスはフローティングでありマシンに固定されません。またV-Ray StandaloneではMayaをインストールする事なくレンダーファームでレンダリングを可能にします。 V-Ray for Mayaには、レンダリングワークフローをカスタマイズするための2つのソフトウェア開発キットも含まれています。たとえば、V-Ray SDK(C++)を使用してカスタムシェーダーを記述したり、V-Ray App SDK(Python)を使用してカスタムパイプラインツールを構築したりできます。

※さらに詳細な説明は、メーカーサイトでご確認ください。

V-Ray for Mayaの動作環境

V-Ray for Mayaの動作はMaya本体の動作環境に準じます。
・Intel® 64ビットまたは互換プロセッサー(SSE4.2対応必須)
・RAM:4GB 推奨8GB
・Windows:Maya 2018-2022
・Linax:Maya 2018-2022
・Mac:Maya 2018-2022

GPU必要条件:
・V-Ray GPU CUDA及びNVIDIA AI Denoiser:Maxwell-,Pascal-,Volta-,Turing- 以降のNVDIA社GPU
・V-Ray GPU RTX: RTXをサポートするNVDIA社 GPUカード

macOSでは V-Ray GPU CUDA/RTX、NVDIA AI Denoiser はご利用いただけません。
macOSでは V-Ray GPU CUDA を CPUでのエミュレーションで利用する事は可能です。
macOSでは M1チップはサポートされません。
Maya LTはプラグインをサポートしない為、V-Rayは動作不可
こちらの販売メーカーのサイトでも動作環境をご確認ください。


V-Ray for Mayaのサポート

V-Rayのサポートは、メーカー対応となります。 ユーザー専用サイトにてオンライン日本語ドキュメントが提供されます。






<< 前のページに戻る

PR

CAD関連の取扱商品

↑ PAGE TOP