V-Ray for Revitをどこよりも安い低価格で販売できるよう最大限努力します。

= 2次元CAD/3次元CAD専門店 =
CADの購入は、安い・早い・安心・丁寧なCAD SHOPで!
どこよりも安い価格で販売できるように最大限努力します!

V-Ray for Revitを安い価格で販売中!


V-Ray for Revit(ヴイ・レー・フォー・レビット)は、「リアルタイム」および「フォトリアル」レンダリングを1つの完全なビジュアライゼーションツールに統合したRevit用の3Dレンダリングソフトです。 建築から製品設計に至るまで、プロジェクトを実現するために必要なものが全て含まれています。 なお、本ソフトは、Revit用のプラグインソフトのため別途Revitが必要になります。


<< 前のページに戻る
<< V-Ray 関連商品のトップページ
<< V-Ray for Rhino 関連製品:価格一覧表
<< V-Ray for SketchUp 関連製品:価格一覧表
<< V-Ray for Revit 関連製品:価格一覧表
<< V-Ray for 3DS Max 関連製品:価格一覧表
<< V-Ray for Maya 関連製品:価格一覧表


商品一覧:V-Ray for Revit 関連製品

・納期目安:入金確認後、約1週間。※メーカー直送品、メール納品
・ご注文の際は、申請書の提出が必要になります。※ご注文時にご案内いたします。
・体験版のダウンロードはメーカーサイトの右上にある「トライアル」のリンクからお申し込みください。
商品名 定価
(税別)
販売価格
(税別)
販売価格
(税込)
見積
注文
商品概要
V-Ray 5 for Revit Workstation オンラインライセンス
\92,400
\91,000
\100,100
V-Ray 5 for Revit Workstationの永久ライセンスです。 ソフトの使用中はインターネットへの常時接続が必要となります。
V-Ray 5 for Revit Workstation レンタルライセンス(1ヶ月) オンラインライセンス
\7,000
\6,900
\7,590
V-Ray 5 for Revit Workstationの1カ月のレンタルライセンスです。 ソフトの使用中はインターネットへの常時接続が必要となります。
V-Ray 5 for Revit Workstation レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス
\41,000
\40,000
\44,000
V-Ray 5 for Revit Workstationの1年のレンタルライセンスです。 ソフトの使用中はインターネットへの常時接続が必要となります。
V-Ray 5 for Revit Workstation アップグレード オンラインライセンス
\46,200
\45,000
\49,500
本商品を購入すると、 V-Ray for Revit Workstationの旧バージョンからV-Ray 5 for Revit Workstationにアップグレードできます。
その他のV-Ray製品
-
-
-
本リストにない製品については見積依頼からお問い合わせください。

※送料、手数料は無料です。


<< 前のページに戻る


商品説明:V-Ray for Revit

V-Ray for Revitの主な特徴

  • V-Ray for Revitの主な特徴 その1:デザインをリアルタイムに確認
    V-Ray 5の新機能であるV-Ray Visionは、Revitで作業しながらリアルタイムでデザインを見ることができます。 モデルの周りを移動したり、マテリアルを適用したり、ライトやカメラをセットアップしたり、すべてをモデルをリアルタイムに表示できます。
  • V-Ray for Revitの主な特徴 その2:あなたのイメージをリアルにレンダリング
    フォトリアルなライト、カメラ、マテリアルを備えたV-Rayのレンダリングは、限りなくリアルです。自分のデザインを正確に確認しながら、自信を持ってコミュニケーションやコラボレーションを行うことができます。
  • V-Ray for Revitの主な特徴 その3:レンダリングだけにとどまらない機能
    レンダリングした後にライトを調整する事ができ、「ライトミックス」機能を使用すると、シーンをレンダリングした後に、再度レンダリングしなくても、ライトの「明るさ」「色」「On/Off」をインタラクティブに調整できます。 また、レイヤー機能を使用すると、V-Rayフレームバッファー上で直接レンダーエレメントを合成し微調整して仕上げることができます。合成の為に別の編集ソフトウェアを開く必要はありません。
  • V-Ray for Revitの主な特徴 その4:あなたのデザインをより高めます
    植物、人、車、家具など高品質なモデルを含むスマートアセットのコレクションを利用し、プロジェクトに現実的な世界感を与えます。 全てが新しくなったChaos Cosmosアセットブラウザは、レンダリング可能な3Dコンテンツをシーンに直接簡単に配置することができます。

※さらに詳細な説明は、メーカーサイトでご確認ください。

V-Ray for Revitの動作環境

V-Ray for Revitの動作はRevit本体の動作環境に準じます。
・プロセッサー:第1世代Intel®Core ™またはSSE4.2をサポートする互換性のあるプロセッサー(x64)
・RAM:最小8GB RAM、推奨16 GB RAM
・ハードディスク容量:最小2GB、推奨12GB(追加のダウンロード可能なコンテンツを含む)
・TCP / IP:IPv4のみがサポートされています。IPv6は現在サポートされていません
・OS:Windows® 8.1、Windows 10
・Revitバージョン:Autodesk Revit 2018、2019、2020、2021、2022
・GPUサポート:Maxwell、Pascal、Volta、Turingベースの NVIDIAカードで、最新のビデオドライバーまたは少なくともバージョン411.31を搭載
・V-Ray Visionには、DirectX11またはDirectX12とShaderModel5.0機能を備えたグラフィックカードが必要です。
こちらの販売メーカーのサイトでも動作環境をご確認ください。


V-Ray for Revitのサポート

V-Rayのサポートは、メーカー対応となります。






<< 前のページに戻る

PR

CAD関連の取扱商品

↑ PAGE TOP