V-Ray for Rhinoをどこよりも安い低価格で販売できるよう最大限努力します。

= 2次元CAD/3次元CAD専門店 =
CADの購入は、安い・早い・安心・丁寧なCAD SHOPで!
どこよりも安い価格で販売できるように最大限努力します!

V-Ray for Rhinoを安い価格で販売中!


V-Ray for Rhino(ヴイ・レー・フォー・ライノ)は、「リアルタイム」および「フォトリアル」レンダリングを1つの完全なビジュアライゼーションツールに統合したライセンス用の3Dレンダリングソフトです。 建築から製品設計に至るまで、プロジェクトを実現するために必要なものが全て含まれています。 なお、本ソフトは、Rhino用のプラグインソフトのため別途Rhinoが必要になります。


<< 前のページに戻る
<< V-Ray 関連商品のトップページ
<< V-Ray for Rhino 関連製品:価格一覧表
<< V-Ray for SketchUp 関連製品:価格一覧表
<< V-Ray for Revit 関連製品:価格一覧表
<< V-Ray for 3DS Max 関連製品:価格一覧表
<< V-Ray for Maya 関連製品:価格一覧表


商品一覧:V-Ray for Rhino 関連製品

・納期目安:入金確認後、約1週間。※メーカー直送品、メール納品
・ご注文の際は、申請書の提出が必要になります。※ご注文時にご案内いたします。
・体験版のダウンロードはメーカーサイトの右上にある「トライアル」のリンクからお申し込みください。
商品名 定価
(税別)
販売価格
(税別)
販売価格
(税込)
見積
注文
商品概要
V-Ray 5 for Rhino Workstation オンラインライセンス
\97,200
\95,900
\105,490
V-Ray 5 for Rhino Workstationの永久ライセンスです。 ソフトの使用中はインターネットへの常時接続が必要となります。
V-Ray 5 for Rhino Workstation レンタルライセンス(1ヶ月) オンラインライセンス
\7,700
\7,600
\8,360
V-Ray 5 for Rhino Workstationの1カ月のレンタルライセンスです。 ソフトの使用中はインターネットへの常時接続が必要となります。
V-Ray 5 for Rhino Workstation レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス
\45,100
\44,600
\49,060
V-Ray 5 for Rhino Workstationの1年のレンタルライセンスです。 ソフトの使用中はインターネットへの常時接続が必要となります。
V-Ray 5 for Rhino Workstation アップグレード オンラインライセンス
\48,600
\47,900
\52,690
本商品を購入すると、 V-Ray for Rhino Workstationの旧バージョンからV-Ray 5 for Rhino Workstationにアップグレードできます。
その他のV-Ray製品
-
-
-
本リストにない製品については見積依頼からお問い合わせください。

※送料、手数料は無料です。


<< 前のページに戻る


商品説明:V-Ray for Rhino

V-Ray for Rhinoの主な特徴

  • V-Ray for Rhinoの主な特徴 その1:デザインをリアルタイムに確認
    V-Ray 5の新機能であるV-Ray Visionは、モデルを構築し、マテリアルを適用し、RhinoやGrasshopperのデザインに光を当てる際に、ライブでリアルタイムビューを提供します。デザインしながらリアルタイムでプロジェクトを視覚化できるようになり、また、V-Ray Visionの結果をパッケージ化して他の人に体験してもらうこともできます。
  • V-Ray for Rhinoの主な特徴 その2:あなたのイメージをリアルにレンダリング
    フォトリアルなライト、カメラ、マテリアルを備えたV-Rayのレンダリングは、限りなくリアルです。自分のデザインを正確に確認しながら、自信を持ってコミュニケーションやコラボレーションを行うことができます。
  • V-Ray for Rhinoの主な特徴 その3:レンダリングだけにとどまらない機能
    他のアプリケーションを使用しないで、レンダリングを微調整して仕上げることができる、全く新しいツールを紹介します。新しいV-Rayフレームバッファでは、レンダリングレイヤーの合成、カラーコレクション、ライティングの調整を瞬時に行うことができます。
  • V-Ray for Rhinoの主な特徴 その4:あなたのデザインをより高めます
    植物、人、車、家具など高品質なモデルを含むスマートアセットのコレクションを利用し、プロジェクトに現実的な世界感を与えます。すべてが新しくなったChaos Cosmosアセットブラウザは、レンダリング可能な3DコンテンツをRhinoのシーンに直接簡単に配置することができます。
  • V-Ray for Rhinoの主な特徴 その5:Grasshopper に完全統合
    V-Rayfor RhinoにはV-Ray for Grasshopperが付属しており、V-Rayのジオメトリ、ライティング、マテリアル、レンダリング、アニメーションをコントロールするGrasshopperノードが提供されています。 GrasshopperノードでV-Rayのジオメトリやライティングをコントロールしたり、Grasshopperで生成したパラメトリックデザインをV-Ray IPRでそままインタラクティブ・レンダリングできます。

※さらに詳細な説明は、メーカーサイトでご確認ください。

V-Ray for Rhinoの動作環境

V-Ray for Rhinoの動作はRhino本体の動作環境に準じます。
・Windows 8.1/10/11 64bit
・Rhino Windows版でのみ動作します。Mac版のRhinoでは動作致しません。
・Rhino 7 の場合 v7.15.22039.13001 以降
・Rhino 6 の場合 v6.34.21034 以降
・最小ハードウェア:8 GB または8 GBの Swap以上
・推奨ハードウェア: 16 GB以上のRAM、またはそれ以上のSwapファイル
・V-Ray GPU(NVIDIA CUDA)を使用するには Maxwell-, Pascal-, Volta-, Turing- 世代のNVIDIA社GPUと合わせてドライバーバージョン 442.54 以降が必要です。Geforce/Quadroどちらでも動作致します。GPU速度はCUDAコア数およびメモリ量に依存します。
・V-Ray Vision の動作には、DirectX11またはDirectX12とShaderModel5.0機能をサポートするグラフィックカードが必要です。
こちらの販売メーカーのサイトでも動作環境をご確認ください。


V-Ray for Rhinoのサポート

V-Rayのサポートは、メーカー対応となります。 購入後、ユーザー専用サイトにてオンラインの日本語マニュアルを参照できます。






<< 前のページに戻る

PR

CAD関連の取扱商品

↑ PAGE TOP