IJCAD Mechanical+をどこよりも安い低価格で販売できるよう最大限努力します。

= 2次元CAD/3次元CAD専門店 =
CADの購入は、安い・早い・安心・丁寧なCAD SHOPで!
どこよりも安い価格で販売できるように最大限努力します!

商品の詳細ページ:IJCAD Mechanical+

IJCAD Mechanical+ の商品説明

IJCAD Mechanical+は、AutoCADデータのDWG/DXFを扱える互換CADソフトIJCADシリーズの1つです。 IJCAD Mechanical+は、従来の互換CADでは困難であったACM特有の主要なメカニカルオブジェクトの双方向のデータ互換を実現しています。 また、IJCAD Mechanicalの機能を全て含んでいます。

※補足情報:スタンドアロン版、USB版、ネットワーク版の違いは、こちらをご覧ください。

<< 前のページに戻る
<< IJCAD関連製品:価格一覧表

IJCAD Mechanical+の特徴

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その1 : ACMとの双方向のデータ互換を実現
    IJCAD Mechanical+は、従来の互換CADでは困難であったACM特有の主要なメカニカルオブジェクトの双方向のデータ互換を実現しています。ACMで作成されたデータを編集することはもちろん、その編集した情報をACMへ戻すことも可能です。これにより、ACMからスムーズな移行や混在利用も可能です。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その2 : リーズナブルな価格
    機械設計に必要な基本機能とAutoCAD Mechanicalとの互換性に絞り込むことで、今までにない低価格を実現しました。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その3 : 断面2次モーメントと梁荷重計算
    機械設計でニーズの高い計算機能である、断面2次モーメント、梁のたわみ・モーメントを備えています。 任意の形状の断面を指定できたり、支持や荷重を作図領域上で配置することができるため、体感的に計算することが可能です。 断面2次モーメントや梁荷重計算の計算結果は、表や線図で出力することができます。
    ※AutoCAD Mechanicalとの互換機能ではありません。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その4 : Mechanical画層管理、画層グループ
    作図するオブジェクト毎に、それらが配置される画層をあらかじめ設定が可能で、作図するオブジェクトの種類によって画層が自動的に切り替わります。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その5 : ライブラリ
    部品ライブラリに登録したDWG部品は、モデルビューやレイアウトビュー、図面枠の尺度を自動的に判別して挿入することができます。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その6 : ユニオンパーツ
    形鋼やネジ、配管部品など様々なJIS規格の機械部品が収録されています。 ツリーの中から部品を選択し、サイズを指定した後に作図領域に配置することができます。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その7 : はめあい一覧
    作図領域内に存在する複数のはめあい公差を整理し、一覧表として出力する機能です。 図面上に存在するはめあい公差の把握が容易になるだけでなく、一覧内に実際の値での公差範囲が併記されるため、暗算での部品の計測が不要になります。 また、個々の寸法では細かい公差値を省略し、一覧の方に詳細を表記することで、図面の煩雑さを軽減することができます。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その8 : IJパーツ参照作成
    IJCAD Mechanicalの機能を使用でき、ブロックやダイナミックブロックで作成されたDWG部品を、Mechanicalライクな部品として拡張することができます。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その9 : 切断線
    IJCAD Mechanicalの機能を使用でき、切断する位置の通過点と、断面記号の指定をするだけの簡単な操作で、切断線を作成することが可能です。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その10 : 詳細図
    詳細図ダイアログの外観がMechanicalライクに変更されることにより、より直感的な操作が可能になりました。 詳細図の色や形状を変更すれば、それらがダイレクトにプレビューに反映されます。 境界線の形状や接続線の表示、ラベルの位置など、詳細図に必要な全ての情報をダイアログから直接設定できます。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その11 : スーパーディメンジョン(寸法作成・編集)
    IJCAD Mechanicalは、寸法作成・編集を効率的に行える機能として汎用CADには無い「スーパーディメンジョン」を搭載しています。 一回のコマンド操作で長さ寸法、角度寸法、半径寸法、並列寸法、直列寸法などを使い分けることができます。 ダイアログ上で、はめあい公差や許容差の挿入、特殊記号の追加や検査の表示方法の決定、 基本単位の変更などさまざまな要素をダイレクトに寸法に付属させることが可能です。また、微妙な角度のラインに対する水平寸法、平行寸法を的確にスナップすることや、設定した長さの寸法線の等間隔配置もスムーズに行えます。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その12 : 図面枠と表題欄
    JIS規格に準拠した図面枠と表題欄が準備されています。カスタマイズも可能で、図面枠、表題欄を自社製の形式に合わせて作成することができます。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その13 : 充実した作図補助ツール
    機械設計で頻繁に使われる下書き線、中心線などの作図補助ツールが充実しています。 下書き線は、他のオブジェクトと区別しやすい色で、自動的に独自の画層に配置され、いつでも表示非表示が可能です。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その14 : 隠線処理
    IJCAD Mechanicalで隠線処理の設定を行うと、その後図形を動かしても破線部分の位置が自動で更新されます。
    ※AutoCAD Mechanicalの隠線処理との互換は、今後のバージョンアップで対応を検討しています。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その15 : カスタマイズ部品の一覧表示
    BOM設定機能により、独自の規格を持った部品を簡単にカスタマイズが可能で、パーツ情報を付随された部品は自動的に集計され、図面上にパーツ一覧表として配置することができます。 バルーンを引っ張って直感的に位置を示すことも可能です。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その16 : 機械記号、詳細ビュー機能の強化
    表面性状や溶接記号等、機械製図特有の各種記号を、画面上で素早く直感的に作成できます。 既存図面からの詳細図(異尺度)の切り出しも簡単に行えます。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その17 : ライブ断面表示
    ソリッド、サーフェス、またはリージョンを通る断⾯オブジェクトの作成と、ライブ断面機能による断面表示が可能です。

  • IJCAD Mechanical+の特徴 その18 : オブジェクトプロパティ設定
    規格ごとにオブジェクトプロパティを設定することができます。 また、AutoCAD Mechanicalで作成した図面のオブジェクトプロパティの設定も、IJCAD Mechanicalで作成できるMechanicalオブジェクトであれば、オブジェクトのパラメータとして読み込むことができます。
    ※対応形式は要確認


※更に詳しい情報は、メーカーホームページでご確認ください。


IJCAD Mechanical+の見積依頼

お見積書が必要な場合は、以下のボタンからお申し込みください。

IJCAD Mechanical+の注文

IJCAD Mechanical+のご注文手続きは、「IJCAD関連製品:価格一覧表」のご希望の商品名の右端にある注文のリンクからおこなってください。

IJCAD Mechanical+の商品内容

・通常、ライセンスはメールでの送信となります。
・USB版では、USBが指定の送付先への納品されます。
・ソフト本体は、メーカーサイトからダウンロードしてインストールする必要があります。


IJCAD Mechanical+の動作環境

・CPU:OS の仕様に準拠 (Core i 5 以上を推奨)
・RAM:4GB 以上推奨
・HDD:550MB 以上の空き容量
・対応OS:WindowsR 8.1 / 10 バージョン 21H1、64bit OS推奨
・ディスプレイ カード:推奨動作環境 2GB GPU (Intel(R) HD Graphics 4000などのオンボードグラフィックでの 動作実績もあり)
・ネットワークライセンスの場合のライセンスサーバーの動作環境:Windows Server 2019 / 2016 / 2012 (R2)

※注意:メーカーホームページでも動作環境をご確認ください。

IJCAD Mechanical+のメーカーのホームページ

メーカーホームページは、こちらからご覧になれます。


IJCAD Mechanical+のサポート

IJCADシリーズのサポートは、システムメトリックス株式会社様による対応となります。 サポート内容の詳細はこちらをご覧ください。







<< 前のページに戻る

PR

CAD関連の取扱商品

↑ PAGE TOP