ZWCAD2019 StdやZWCAD2019 Proをどこよりも安い低価格で販売することを目指します。

= 2次元CAD/3次元CAD専門店 =
どこよりも安い価格で販売できるように最大限努力します!
他店よりも1円でも高い場合はご連絡下さい。善処します!

商品の詳細ページ:ZWCAD関連製品

商品名 定価 販売価格 見積・注文 概要 詳細
ZWCAD 2019 スタンダード
\90,000
\81,600
AutoCAD LT版とほぼ同等の機能を持っています。
ZWCAD 2019 Std ネットワーク版
\90,000
\81,600
ZWCAD 2019 スタンダードのネットワーク版です(5ライセンス以上の同時購入の場合のみ注文可能)。
-
ZWCAD 2019 プロ
\120,000
\108,600
AutoCAD (Full版)とほぼ同等の機能を持っています。プロ版は、スタンダード版の機能を全て含んでいます。
ZWCAD 2019 Pro ネットワーク版
\90,000
\108,600
ZWCAD 2019 プロのネットワーク版です(5ライセンス以上の同時購入の場合のみ注文可能)。
-

※表示価格は税別で、送料は無料ですが手数料が一律で800円別途かかります。
※メーカーのホームページから体験版のお申し込みがおこなえます。


<< 前のページに戻る


商品説明:ZWCAD2019

ZWCAD2019の概要

ZWCADとは、ZWSOFT社が開発したDWG互換の高機能ハイコストパフォーマンス汎用2次元CADです。 建築業界や製造業界などさまざまな業界のエンジニア向けに、カスタマイズ可能な機能を提供しています。 現在、ZWCADは15の言語に対応しており、世界90カ国900,000人以上の販売実績を誇ります。 AutoCAD LTと高い互換性を保ち続けるZWCADは、米国非営利駅団体のIntelliCAD Technology Consortimu(ITC)の オープン・スタンダードのCADカーネルをベースにし、 AutoCAD LTとの高い互換性と低価格を同時に実現した高機能2次元CADソフトです。

AutoCAD互換ソフトZWCADはこんな方にオススメ

  • AutoCADしか使ったことがない・学校でAutoCADしか学んでいないけど大丈夫?
    ZWCADのインターフェイスはAutoCADと類似しておりAutoCAD経験者であれば違和感なく操作できます。また、AutoCADのコマンドがほぼそのまま使用可能です。
  • AutoCADのクラシック画面がよかった
    ZWCADでは、リボン⇔クラシックがワンクリックで切り替えられます。
  • AutoCADをカスタマイズしているから乗り換えられない
    APIの互換性がZWCADの売りです。それらを使ってカスタマイズ内容を簡単に移植できます。
  • AutoCADの機能が気に入っている
    ZWCADでは、AutoCADの細かい機能も忠実に再現しています。再現率も非常に高いです。
  • AutoCADは高い気がする(2019年3月現在)
    レギュラー版AutoCADは1年で¥157,000
    ZWCAD Proは永久ライセンスで定価¥120,000です。
  • AutoCADの採用したサブスクリプションも高い気がする(2019年3月現在)
    AutoCADLTでも1年で¥57,000
    ZWCAD Stdは永久ライセンスで¥90,000なのでたったの2年で価格が逆転します。
  • AutoCADは持ち出しにくい
    急な出張時にはZWCADの方が持ち出しやすいです。ネット環境が無くてもUSBドングル1本あればアクティベーション完了です。
  • AutoCADはネットワークライセンスにもお金がかかる
    ZWCADは、5ライセンス以上御購入の場合は無料でネットワークライセンスを発行しております。
  • いきなりAutoCADから乗り換えるのは不安
    ZWCADは、30日間の無料体験版を御用意しております。テストが必要な場合も御気軽に御相談ください。
  • 昔のAutoCADデータを読みたい
    ZWCADは、AutoCAD2.5の図面まで保存、展開が出来ます。
  • AutoCADの互換CADは怪しい気がする(良くないと聞いた)
    そんな噂は10年以上前のもの。今や互換CADは当たり前。日本の大手企業や海外でも積極的に取り入れてコストダウンを図っています。
  • 他のAutocad互換ソフトの方が安くない?
    ライセンス方式、更新費、サポート費用を含めトータルで御検討ください。きっとZWCADの内容にご満足頂けるはずです。
  • サポート体制が充実したCADを使いたい
    ZWCADは、日本語でのサポート体制が充実しております。 こちらの専用ページ(日本語サポートはZWCADの日本の総代理店のCHAM-JAPN様が対応しております)から質問が可能です。

ZWCAD2019の機能・特長

● AutoCAD LTの標準フォーマットであるDWG2.5~2018のファイルをそのまま開けます。
● AutoCAD LTの伝統的なユーザーインターフェースであるクラシックメニューを搭載し、リボン型インターフェイスとの切り替えもワンクリックで可能です。AutoCAD LTと同じように操作できます。
● CAD導入・運用コストを50%以上削減できます。
● AutoCAD LTの作図コマンドなどのカスタマイズ機能も同等のものが使用可能です。 LISPプログラムはZWCADのスタンダード版でも動作します。ActiveX/VBA/.NET/ZRXは、ZWCADのプロ版が必要です。 ZRXは、AutoCADのARXに相当するものです。これらのカスタマイズ機能を使えば、AutoCADでカスタム開発したものをZWCADに移植することも可能です。



ZWCADとAutoCADの機能比較表

 
ZWCAD
AutoCAD
Std
Pro
LT
Full
互換性
ACAD R14-最新のDWGフォーマットをサポート
DWF/DXF/DWT サポート
DGNインポート
インターフェース
クラシックメニューとツールバー
リボンインターフェイス
カスタマイズ可能なユーザーインタフェース
プロパティ パレット
オートコンプリート入力
マルチタプ環境
アダプティブ グリッド
注釈
引出線とマルチ引出線
自動調整寸法
テキストとマルチテキスト
雲マーク
文字のインプレース編集
ハッチングとグラデーション
表、表スタイル
フィールド
画層
画層管理
画層フィルター
画層ステート
レイヤウォーク
画層合成
レイヤブラウザ
 
 
外部参照、
ブロックと属性
ダイナミックブロック
OLEサポート
イメージ
外部参照
複数のブロック挿入
 
属性
外部参照管理
 
 
ブロック置換
3D
3Dビュー
3Dモデリングと編集  
 
3Dオービット
 
リージョン  
プログラミング
LISP
 
VBA  
 
.NET  
 
ActiveX API
 
MNU、MNSとMNLファイルのサポート
ランタイム拡張(ZRX/ARX)  
 
アウトプット
印刷
STB/CTB
PDF/DWF パブリッシュ
エクスポート
イノベーション
スマートマウス
 
 
スマートボイス
 
 
スマート選択
 
 
その他
ファイル比較
 
 
Google Earth
 
 
選択プレビュー
属性のマッチ
グループ
クイック選択
マルチラインとマルチラインスタイル
 
複数のUndo/Redo
Undo/Redoプレビュー
 
 
パラメトリック製図  
 
 
拡張ツール
 
※さらに詳しい情報は、メーカーのホームページをご覧ください。

ZWCADの動作環境

・CPU Pentium3 800MHz 以上
・メモリ 1GB 以上
・ハードディスク 1.5GB 以上の空き容量
・ディスプレイ解像度 1024x768 以上の解像度
・OS
  Windows 10
  Windows 8 / 8.1
  Windows 7
・その他
  USBポート
  CD-ROMドライブ(セットアップ時)
・詳細 こちらのホームページでも動作環境をご確認ください。


ZWCADのサポート

ZWCADの日本でのサポート情報は、こちらをご覧ください。






<< 前のページに戻る

おすすめ商品

↑ PAGE TOP