Vectorworks Landmarkをどこよりも安い低価格で販売できるよう最大限努力します。

= 2次元CAD/3次元CAD専門店 =
CADの購入は、安い・早い・安心・丁寧なCAD SHOPで!
どこよりも安い価格で販売できるように最大限努力します!

商品の詳細ページ:Vectorworks Landmark(ベクターワークス ランドマーク)


Vectorworks Landmark(ベクターワークス ランドマーク)は、高性能な2D/3D汎用作図機能と3Dビジュアライズ(テクスチャマッピング/レンダリング等)機能に加え、地形モデルや多彩な植栽、灌水設備計画等に対応するランドスケープデザイン機能、さらには豊富な造園向けのデータライブラリを搭載した都市計画/造園業界向け製品です。 さらに、年間契約型プレミアムサービス「Vectorworks Service Select」の提供サービスと連動しているため、同サービスを契約するとクラウド上でレンダリングできるなどの契約者専用サービスを利用できます。 CAD SHOPでは、Vectorworks Landmarkをどこよりも安い低価格で販売できるよう最大限努力します。



<< 前のページに戻る
<< Vectorworks関連製品:価格一覧表


商品説明:Vectorworks Landmark(ベクターワークス ランドマーク)

Vectorworks Landmark 2022の新機能ピックアップ

  • Vectorworks Landmark 2022の特徴1:地形モデルの構成要素
    地下の地層を地形モデルの構成要素として定義できます。新しい地形モデル構成要素は、2Dの立面図、断面図、テクスチャ付き3Dビューで精確に表現できるソリッドジオメトリを作成します。地層の固定または可変の厚さにも対応し、精確なBIMモデルを作成できます。

  • Vectorworks Landmark 2022の特徴2:植栽の根域
    新しい根鉢の設定により、地下も含めた植栽を表現できます。植物の根鉢用に追加されたジオメトリと指定データは、ランドスケープBIMのワークフローを完成させ、コンサルタントとより良いコラボレーションを行うために必要な重要情報を提供します。植栽オブジェクトに新たに追加された機能により、根鉢と植穴範囲の2Dおよび3D表現が可能になりました。

  • Vectorworks Landmark 2022の特徴3:精密データとジオメトリを取り込むArcGISフィーチャレイヤー
    敷地計画とコラボレーションのためのより簡単な統合によって、GIS/BIMワークフローの効率が向上します。Esri社とのパートナーシップにより、Vectorworksのデザインレイヤを使用して、ベクトルジオメトリやデータにアクセス、ダウンロードし、膨大な量の情報を設計に組み込むことができます。 また、デザインレイヤからArcGIS フィーチャ レイヤーに戻って取り出しやアップロードができるようになり、従来の方法を超えた特定の地理空間情報の管理や、GIS専門家とのコラボレーションが容易になります。

※更に詳しい情報は、メーカーホームページをご確認ください。

Vectorworks Landmarkのパッケージの内容(=納品物)

Vectorworks Landmarkの納品物は、基本的に下記を同梱したパッケージとなります。
・証書(ライセンス情報記載)
・説明書
※ソフトはメーカーサイトからのダウンロード提供となります。 もし、ご利用のインターネット環境の制限などにより、ソフトウエアをダウンロードできない場合は、 別売りの「Vectorworks Landmark インストールメディア(USB)」(定価\4,500)を購入してください。

Vectorworks Landmarkの動作環境

Vectorworks Landmarkの動作環境は、こちらのメーカーホームページをご確認ください。

Vectorworks Landmarkのメーカーのホームページ

メーカーホームページは、こちらからご覧になれます。


Vectorworks Landmarkのサポート

Vectorworks Landmarkのサポートは、メーカー対応となります。






<< 前のページに戻る

PR

CAD関連の取扱商品

↑ PAGE TOP