Vectorworks Spotlightをどこよりも安い低価格で販売できるよう最大限努力します。

= 2次元CAD/3次元CAD専門店 =
CADの購入は、安い・早い・安心・丁寧なCAD SHOPで!
どこよりも安い価格で販売できるように最大限努力します!

商品の詳細ページ:Vectorworks Spotlight(ベクターワークス スポットライト)


Vectorworks Spotlight(ベクターワークス スポットライト)は、高性能な2D/3D汎用作図機能と3Dビジュアライズ(テクスチャマッピング/レンダリング等)機能に加え、地形モデルや多彩な植栽、灌水設備計画等に対応するランドスケープデザイン機能、さらには豊富な造園向けのデータライブラリを搭載した都市計画/造園業界向け製品です。 さらに、年間契約型プレミアムサービス「Vectorworks Service Select」の提供サービスと連動しているため、同サービスを契約するとクラウド上でレンダリングできるなどの契約者専用サービスを利用できます。 CAD SHOPでは、Vectorworks Spotlightをどこよりも安い低価格で販売できるよう最大限努力します。



<< 前のページに戻る
<< Vectorworks関連製品:価格一覧表


商品説明:Vectorworks Spotlight(ベクターワークス スポットライト)

Vectorworks Spotlight 2022の新機能ピックアップ

  • Vectorworks Spotlight 2022の特徴1:効率化を後押しするケーブルと電力計画
    Spotlightの新しい機能を使うと、ショーやイベントで必要なケーブルや電源を効率的に計画し、図面化できます。サードパーティのソフトウエアを使わずに、ドキュメントやインベントリリストの作成、設営リストや必要な電力負荷のワークシート構築が容易になりました。また、リンクされたオブジェクト間にケーブルを挿入する作業が自動化され、変更が加えられると自動的にケーブルの形状が変更されます。新しいケーブルナビゲーションシステムでは、関連する入力と出力を選択することで、自動的にケーブルを追加できます。

  • Vectorworks Spotlight 2022の特徴2:ワークフロー全体が向上する全般的なSpotlightの改善
    Spotlight 2022の全般的な改良により、一般的な作業をより効率的かつ直感的に行えるようになり、照明デザインの編集や修正が容易になりました。また、全体的なビジュアライゼーション機能と精度が向上しています。いくつかの新しいコンテキストメニューコマンドでは、位置、リギングオブジェクト、器具の名称別に照明を選択できるほか、挿入ポイントを中心にデバイスグループを回転させたり、2つの照明器具の位置を入れ替えたりすることができます。

  • Vectorworks Spotlight 2022の特徴3:ソフトグッズのアップデート
    ソフトグッズツールの柔軟性が向上し、台座、支柱、両面ドレープのセットアップなどのオプションが増えました。スタイルに対応したことで、ソフトグッズを挿入した後にパラメータを調整することなく追加できます。また、重量計算のコントロール性が向上したので、解決策が必要な場合に最適です。

※更に詳しい情報は、メーカーホームページをご確認ください。

Vectorworks Spotlightのパッケージの内容(=納品物)

Vectorworks Spotlightの納品物は、基本的に下記を同梱したパッケージとなります。
・証書(ライセンス情報記載)
・説明書
※ソフトはメーカーサイトからのダウンロード提供となります。 もし、ご利用のインターネット環境の制限などにより、ソフトウエアをダウンロードできない場合は、 別売りの「Vectorworks Spotlight インストールメディア(USB)」(定価\4,500)を購入してください。

Vectorworks Spotlightの動作環境

Vectorworks Spotlightの動作環境は、こちらのメーカーホームページをご確認ください。

Vectorworks Spotlightのメーカーのホームページ

メーカーホームページは、こちらからご覧になれます。


Vectorworks Spotlightのサポート

Vectorworks Spotlightのサポートは、メーカー対応となります。






<< 前のページに戻る

PR

CAD関連の取扱商品

↑ PAGE TOP